誘導操作系心理学

あなたの意識を変えることで周りを思い通りに

【心理学】働く女性必見!ブスにならない方法

んでいただきありがとうございます。

 

翔です(/・ω・)/

 

今回は働く30代女性向けに関する記事内容です。

 

 

 

あなたはこんなこと考えていませんか?

 

「仕事が忙しい」

「私には仕事がある」

「彼氏なんか面倒だし」

 

これは非常にもったいないです。

 

「毎日仕事に追われて時間なんてなかなか作れない」

 

なんてふうに言い訳していませんか。

 

あなたの意識次第でこのような状況は打破できてしまいます。

 

今回は働く女性に送る仕事もプライベートも充実させる考え方についてお伝えします。

~目次~

 

仕事の効率を上げる

f:id:syo0726:20170917215340j:plain

 

まず、大切なのは仕事の効率を上げることです。

 

それはどうしてかと言いますと、、、

 

 

 

仕事の効率が上がる、ということはプライベートな時間が増えますよね。

 

仕事の効率が上がり、プライベートな時間が確保されると次第に楽しめるようになります。

 

仕事も私生活も楽しくなれば、あなたの魅力が輝きだすのです。

 

女性としての魅力、すなわちモテることにつながります。

 

つまり「仕事の効率を上げるとモテる」ということになるのです。

 

 

もちろん、仕事の効率が上がるということは年収アップにつながるケースも多いでしょう。

 

金銭面でも余裕が少しでも出てくれば、おしゃれや美容にも気を遣う余裕が出てきます。

 

なので、仕事の効率を上げることによって、すべて良い方向につながっていくのです。

 

学生や社会人1~2年目の「若い女子」に負けないためにも意識していきましょう。

 

「えっ?私、別に普通の事務職だし、がんばっても意味ないしー…」

f:id:syo0726:20170917215852j:plain

 

という人もなかにはいるかもしれません。

 

どんな仕事にも「楽しさ」はきっとあります。

 

楽しく感じる要素は人それぞれです。

 

「上司に命令されていないことはやらない」

ではありません。

 

少しでも仕事の効率を上げてみてはどうでしょうか。

 

 

もっと早くできないかな。

 

もっとうまくやる方法はないかな。

 

これらを模索しながらやっていくのも「楽しむ」コツなのではないでしょうか。

 

仕事の効率が下がるとブスになる

f:id:syo0726:20170917220055j:plain

 

「仕事はしょうがないからやっているだけ」

 

「人生を賭けているわけじゃない」

 

「だから恋愛くらいしたい、早く結婚したい」

 

と思って仕事をだらだら続けていませんか?

 

 

それでしたら、今日から改めましょう。

 

「仕事」を楽しく続けよう!

という意識を持ってください。

 

そうすることによってチャンスは確実に広がります。

 

さまざまな弊害

f:id:syo0726:20170814235212j:plain

 

「仕方なく仕事をしている」

という心理状態で仕事を続けていると、仕事の効率が上がらないだけではありません。

 

他にさまざまな弊害が出てくるのです。

 

自己コントロール能力の低下

f:id:syo0726:20170710154652j:plain

 

「仕方ないから仕事をする」

これが常態化してしまいますと、自己コントロール能力がどんどん低くなっていきます。

 

 

時間は人それぞれ1日あたり平等に24時間与えられています。

 

24時間のなかで一番多くの時間を占める仕事が

「つまらない」

「どうでもいい」

「とりあえずこなす」

 

この状態だと、それに釣られるかのように他の時間や行動にも影響を与えるのです。

 

まず、食生活が非常に不健康になる可能性が高いです。

 

「ジャンクフードや甘いものばかり食べるようになる」

「運動をしない」

 

というのがいわゆる典型的なパターンです。

 

その結果、体重増加、おしゃれをする意欲がなくなっていくのです。

 

その延長線上にあるのが恋愛です。

 

恋をする気持ちさえも下がってきてしまうのです。

 

要するに効率の悪いだらだらと仕事をしていると

「ブス」

になってしまうということです。

 

アラサー女子が若い女子に負けてしまうわけ

f:id:syo0726:20170822002201j:plain

 

30歳前後の女性から見ますと、10代や20代前半での結婚は、

「早すぎる!」と思うでしょう。

 

「もっと独身の自由を楽しめばいいのに」

「もうお母さんになっちゃうの?」

と思ってきたのではないでしょうか。

 

ところが、そんなことを言っているうちに周りの20代はどんどん結婚してしまっています。

 

どういうことになるかと言いますと、

 

 

「あれ?」会社や友人たちのなかで独身は自分だけ。

ということになっていきます。

しかも最年長という状況にもなってしまう場合が多いのではないでしょうか。

 

 

 

せっかく人間的にも成長し収入も安定し魅力が増すはずの年齢になったのにも関わらず、まだ人間としても女性としても未熟なところが多い10代や20代前半の女子に負けてしまうのです。

 

 

高くなる男性理想

f:id:syo0726:20170917221152j:plain

 

女性は自身が経験を積み、収入も増えていくと高くなることがあります。

 

それは「男性に対する理想」です。

 

これは当然といえば当然ですね。

 

ここまで待った以上、経済的に余裕のない相手は嫌だと考えてしまいますよね。

 

しかし、残念なことに「30歳の女性につり合う男性」たとえば30歳前半で年収が1,000万円以上というのは、すでに早い時期、その男性が年収500~600万円の段階で20代の女性と結婚しているケースが多いです。

 

 

それに20代の既婚女性というのは30代女性より「交渉力が高い」こともわかっているのです。

 

20代既婚女性たちは株で言うならば、「これから上がる株」を早めに買っています。

 

30歳になろうとしているとき、すでに値上がりしきった株という名の男性を買うより、はるかに安いです。

 

つまり、買い手が殺到していないので手が出しやすい、ということです。

 

まとめ

f:id:syo0726:20170818012703j:plain

 

今回は働く女性にフォーカスをあてた記事となりました。

 

仕事を頑張ることは大切ですが、楽しむことを前提としているでしょうか。

 

毎日仕事に追われる日々はもうこりごりですよね?

 

あなたもブスにならないためにも、毎日充実した生活になるよう意識することが大切です。

 

誰でも意識次第で楽しくできるものです。

 

もちろん、あなたにも。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。