誘導心理学

人生を充実させるために他人を誘導する黒い心理学、少し覗いてみませんか?

大人気ゲーム!モンハンワールドをやってみた!

んでいただきありがとうございます。

 

翔です(/・ω・)/

 

今回は、今日(1月26日)発売のPS4専用ソフト「モンスターハンター:ワールド」をやってみた感想を中心に書いていきたいと思います。

 

ちなみに私はモンハンシリーズがすっごく好きで、PS時代からずっとプレイしていました。

f:id:syo0726:20180126204756j:plain

 ~目次~

従来との違い

f:id:syo0726:20180126204647j:plain

まずはこれまどのモンスターハンターシリーズとの違いを話していきます。

 

とはいえ、今までとの違いがたくさんあります。

 

なので、私が印象に残っている点や伝えたい点を書いていきます。

 

それ以外はあなた自身が手にして体感してみてください。

 

エリア移動がシームレスに

f:id:syo0726:20180126204843j:plain

 

従来との一番大きな違いと言っても過言ではないでしょう。

 

エリア移動によるロードの読み込みがなくなりシームレスになりました。

 

完全なオープンワールドではないのですが、限りなくオープンワールドに近いです。

 

これは実際にやってみて予想以上に良い感じでした。

 

しかも、フィールドも今まで以上に広くなっていますので本当に広大なフィールドを駆け回っている気分になります。

 

より自然な状態に近づけたのか、高低差もきっちりあります。

 

他にもツタがぶら下がっててまるでターザンかのようにジャンプできたり、木々をかけわけたりといった仕掛けもありました。

 

地味にワイヤーアクションもあります。

 

予想以上のフィールドの完成度に驚きました。

凝ったキャラメイクが可能

f:id:syo0726:20180126204916j:plain

 

モンハンをプレイし始める時、今までもキャラメイクは少しだけではありますけど、できていました。

 

ですが、今回のモンハンワールドは今まで以上に凝ったキャラメイクが可能となりました。

 

目の色や顔の形、顔のパーツの位置、しわなどを自由に作ることができるのです。

 

よくあるPCゲー並みにあなたの思い通りに作ることができますね。

 

他にもオトモアイルーも毛並みや色などを自由に作ることができます。

 

オトモアイルーをキャラメイクするということは、今後増えることはないということになりますね。

 

雇って種類を増やすシステムはなくなったようです。

 

装備のスキル関連

f:id:syo0726:20180126205006j:plain

 

従来のスキル発動の条件といえば、ポイントが合計10以上にならなければ発動しないシステムでした。

 

ですが、今回は防具1カ所からでもスキルが発動するようになりました。

 

これは序盤に優しいというか、防具による難易度の低下や防具の自由度が高くなりました。

 

1カ所で発動するといっても、従来の10以上で発動する効果よりは弱いです。

 

スキルを重ねがけしていくことでだんだん強いスキルを発動できるようになります。

 

 また、シリーズで統一することによって発動するスキルも存在します。

 

f:id:syo0726:20180126205058j:plain

このスキルが1カ所からでも発動するシステムは序盤のソロで進める人にはとてもありがたいのではないでしょうか。

 

どうしても寄せ集めの防具になってしまうこともあるかと思います。

 

その辛かった点をうまくカバーしてくれた結果ですね。

 

モンスター同士の争い

f:id:syo0726:20180126211455j:plain

f:id:syo0726:20180126211740j:plain

 

モンハンワールドで新しく追加されたシステムの一つがモンスター同士の争いです。

 

従来はモンスターはハンターにしか攻撃が向くことはありませんでした。

 

ですが、今作からはモンスターとモンスターが戦い合うのです。

 

f:id:syo0726:20180126211612j:plain

 

より生態系に近い再現でしょう。

 

モンスターも生き物なので考えれば縄張りがあってもおかしくありません。

 

今作はそれがあります。

 

ということはつまり、メインターゲットモンスター以外にも基本的にモンスターは同じフィールドにいますね。

 

もちろん、ハンターのことも狙ってきます。

 

そしてダメージもモンスター同士お互いに傷つけあいます。

 

ぜひ見て欲しいですね。

 

拠点に着くまで

f:id:syo0726:20180126205354j:plain

f:id:syo0726:20180126205425j:plain

f:id:syo0726:20180126205454j:plain

f:id:syo0726:20180126205538j:plain

f:id:syo0726:20180126205633j:plain

f:id:syo0726:20180126204647j:plain


活動する拠点に行くまでの写真の流れです。

 

こういった流れで最初は始まります。

 

ストーリーのキーモンスターは「ゾラ・マグダラオス」!?

 

序盤登場するモンスター

「ドスジャグラス」

f:id:syo0726:20180126212848j:plain

防具ステータスから弱点は「火」ですね。

 

なんとなく、ロアルドロスに似ているような気がしますね。

 

「クルルヤック」

f:id:syo0726:20180126213300j:plain

防具ステータスから弱点は「水」ですね。

 

おなじみのドス系と似たモンスターとなっています。

 

「プケプケ」

f:id:syo0726:20180126212812j:plain

防具ステータスから弱点は「雷」ですね。

 

毒を使ってきます。

 

「ボルボロス」

f:id:syo0726:20180126213523j:plain

今作も登場です。

 

泥状態の扱いが変わりました。

 

「ジュラトドス」

f:id:syo0726:20180126213649j:plain

防具ステータスから弱点は「雷」ですね。

 

このモンスターも、過去作品に出てきたヴォルガノスに似ているような、、、

 

この画像からは分かりづらくて申し訳ないです。

 

「トビカガチ」

f:id:syo0726:20180126213743j:plain

防具ステータスから弱点は「水」ですね。

 

ナルガクルガに似ている印象です。

 

「アンジャナフ」

f:id:syo0726:20180126213820j:plain

防具ステータスから弱点は「水」ですね。

 

シリーズスキルが発動する最初のモンスターです。

 

「パオウルムー」

f:id:syo0726:20180126213947j:plain

防具ステータスから弱点は「火」ですね。

 

ダメージがかなり大きい攻撃がありますのでそこは要注意です。

 

「ドスギルオス」

f:id:syo0726:20180126214020j:plain

序盤は狩る対象にはならないです。

 

「レイギエナ」

f:id:syo0726:20180126214102j:plain

 

「ゾラ・マグダラオス」

f:id:syo0726:20180126214134j:plain

f:id:syo0726:20180126220640j:plain

今作のストーリーの鍵を握るモンスター。

 

このモンスターと戦うときはいわゆる、攻城戦のようなフィールドで戦います。

 

「ネルギガンテ」

f:id:syo0726:20180126214233j:plain

ゾラ・マグダラオスの時に初めて戦います。

 

このモンスターはベータ版でも配信されていました。

 

まとめ

このモンハンワールドをプレイするためにPS4を購入しました。

 

やはり、モンスターハンターシリーズはおもしろいです。

 

しかも、今作はより再現度が高いのではないでしょうか。

 

関係者のコメントで、今の最新技術で従来のモンスターハンターを作り直すとおっしゃっていました。

 

確かに今まで以上にモンスターの動きなどがより細かくできていました。

 

これは買ってよかったです。

 

この後も引き続きプレイしていきます。

 

 まだ購入を悩んでいる方は、買うことをおすすめします。

モンハンが好きならなおさらですね。

 

私は特典の「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が気になったのでパッケージ版を買ってしまいました(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンター:ワールド 通常版
価格:8728円(税込、送料無料) (2018/1/26時点)


 

PS4との同梱版もありますのでぜひご参考にどうぞ!

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。