誘導心理学

人生を充実させるために他人を誘導する黒い心理学、少し覗いてみませんか?

その先に見えたもの。

ずっと昔、泥汚くて、触れられることすら警戒してた。

 

幼い牙で噛み付いて、何もかもが敵に見えて。

 

f:id:syo0726:20190902234736j:plain

 

それが自分を守る唯一の手段。

 

そんなある日、出会いは突然だった。

 

黒を纏った私を包んでくれるその手が、私を引っ張ってくれた。

 

最初は反抗する日々だった。

 

だけどその手は決して諦めることなく、無償の愛を降り注いでくれた。

 

こんな私を受け入れてくれて、毎日がとても幸せでした。

 

f:id:syo0726:20190902234946j:plain

 

ご飯は美味しく、私を触るその手はとても暖かかった。

 

私に温もりを教えてくれて、この毎日がずっと続けば良いさえも思った。

 

そんなある日、私たちは車で山へ向かった。

 

とても走りにくい砂利道で、辺りは木に囲まれている。

 

そこに灯りはなく、時々木から溢れる陽の光が差し込む程度の山だ。

 

そんな山道を車でしばらく走っていた。

 

雲行きも段々と悪くなり、雨が降ってきた。

 

どこに向かっているんだろう?

 

私は次第に不安になってきた。

 

すると、車は止まった。

 

しかし、そこには何もない。

 

見渡す限りのそびえ立つ木々や倒木。

 

私は車から降ろされた。

 

私を見る、浮かんだ涙。

 

そこにいつものあの笑顔は無かった。

 

 

 

 

「どういうことなの?」

 

 

 

 

私の心は虚無と化した。

 

バイバイと手を振る君。

 

暖かかったその手に、今は冷たさを感じる。

 

文字通り、頭が真っ白になった。

 

思考が停止した。

 

君は涙を拭うと、再び車を走り出した。

 

鳴り響くエンジン音を聞いて、ふと我に返った。

 

 

 

「まって!!!」

 

 

 

胸がはち切れるほど叫んだ。走って追いかけた。

 

倒木や水溜まりが追い討ちをかけるように行く手を阻む。

 

走って追いかけても車は無情にも段々と距離が離れていく。

 

だけど走り続けた。

 

泣きながら走った。

 

泣き叫びながら走った。

 

涙で前が見えなくなってきた。

 

 

 

終いには車が見えなくなってしまった。

 

けれども走り続けた。

 

 

 

あの日々に戻りたい。

 

 

 

ただただそう願って。

 

 

その願いだけが私の原動力となり、ひたすら走り続けた。

 

 

 

辺りは暗くなってきた。

 

もうどれくらい走っただろう。

 

もはや歩くことさえも精一杯だ。

 

あの温もりに包まれたい。

 

だけど今は冷たい雨が私に降り注ぐ。

 

足を引きずりながらも、ただただ走った。

 

 

 

 

帰りたい。

 

 

 

その一心でひたすら進み続けた。

 

もう何日走ったか分からないくらい、ただひたすらに走った。

 

途中何度も挫けそうになりながら。

 

 

 

いつしか、やがて灯りが見えてきた。

 

「着いた。」

 

私が住んでいた街並みがその目に映し出される。

 

私は探した。

 

あの居場所を。

 

 

こんな私を救ってくれたあの温もりを。

 

そして、ようやくたどり着いた。

 

もうすでに満身創痍だ。

 

最後の力を振り絞るかのように、あの居場所への扉を開けた。

 

どのくらい経っただろうか。

 

あの温もりに飛びつきたい。

 

 

ただいま!!!

 

 

 

 

 

しかし、そこにはもう私の知る人は居なかった。

 

そこにいるのは見ず知らずの人間だった。

 

私は煙たがれるように追い払われた。

 

 

 

 

あの時、私は捨てられたのだった。

 

 

 

 

信じたくない事実が突き刺さる。

 

私の知るあの人は引っ越してしまったのであった。

 

引っ越すために、私は山に捨てられた。

 

もう私の居場所はここには無い。

 

どこにも無い。

 

 

 

私にはもう流せる涙は枯れてしまった。

 

f:id:syo0726:20190902235044j:plain

 

あんなにがんばって走ってきたのに。

 

私はこれからどうしたらいいの。

 

走るどころか歩く気力すらもう残ってなどいない。

 

お腹は空き、壁にもたれかかる。

 

痩せこけた顔で、まるで昔のような自分に戻った気分だった。

 

悲しさなど等に無く、結局人間なんて信じられなかったんだ。

 

私はせめて誰にも見つからないところで眠ろうと必死に動いた。

 

目の前は段々と視界が狭く、そして暗くなっていった。

 

瞼が重い。

 

それはとても抗えなかった。

 

今までの思い出が走馬灯のように頭をよぎっていった。

 

私はただ寂しかった。

 

独りがこわかった。

 

ただそれだけ。

 

冷たいコンクリートに私は寄り添った。

 

私は猫。

 

これは捨てられた猫の物語。。。